時期から探す | 8月 | 七尊菩薩堂(方広寺)

七尊菩薩堂(方広寺)

県下最古といわれる木造建築物

奥山半僧坊の名で親しまれている方広寺(ほうこうじ)は、建徳2年(1371年)に後醍醐天皇の皇子(おうじ)『無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)』により開かれたといわれる名高い寺です。60ヘクタールの寺域を有し、本堂、半僧坊真殿、三重の塔など60余棟の伽藍があります。
広大な境内の中のある七尊菩薩堂(しちそんぼさつどう)は、七神を合祀した鎮守堂です。応永8年(1401年)建立の棟札(むなふだ)があり、静岡県最古といわれる木造建築で国指定重要文化財となっています。間口90センチメール、奥行き150センチメートルの柿葺流造り(こけらぶきながれづくり)です。
なお鎮守堂は、拝殿の後ろに祀られているため、写真のように正面から見ることはできません。

-image-

  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
開館時間9時から16時
休館日
拝観料300円(方広寺拝観と共通)
交通アクセスJR浜松駅からバス『奥山』方面行きへ乗車約60分。『奥山』下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先方広寺・奥山半僧坊 053-543-0003
ホームページhttp://www.houkouji.or.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.