時期から探す | 11月 | 駿河蒔絵

駿河蒔絵

静岡県知事指定 郷土工芸品

蒔絵とは、漆器に漆などを塗り金銀の粉などを蒔き、絵や模様などを描いたものをいいます。
伝統技術が今日的感性と結合したことで、身の回りの品にその技術を活かすことができました。駿河蒔絵は、日常生活に本物の感性をお届けしています。

駿河蒔絵の始まりは、文政11年(1828)の頃、信州飯田の画伯天領が駿府に住む塗師中川専蔵に蒔絵の技術を教えたのがきっかけと伝えられています。
それまでは紋蒔絵といって、諸器具に家紋を描いたり、幕府御用箪笥、長持などに唐草を描く程度にすぎなかったのが、天領と専蔵の出会いによって、今日見られるような花鳥草木の蒔絵がニューデザインとして注目を浴びるようになったのです。
さらには、天保元年(1830)、江戸から小林留吉、遷次郎の両人が駿府を訪れ、漆器蒔絵の技術を伝授したことから当時の蒔絵技術はますます向上していったのです。この両人から教えをうけた人たちによって、後に駿河蒔絵の流派が生まれ、それぞれにまた特徴をもった蒔絵が生みだされました。
静岡県郷土工芸品振興会HPより

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所駿府楽市
営業時間9:00~21:00
休業日なし
交通アクセスJR静岡駅 アスティ静岡西館内
お問い合わせ静岡県蒔絵工業協同組合 TEL:054-253-2352
関連ページhttp://www.shizuoka-kougei.jp/016.html

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.