時期から探す | 8月 | だいだらぼっち

だいだらぼっち

浜名湖を作ったと伝わる大男

むかし、だいだらぼっちというそれはそれは大きな男が住んでいたと、伝わります。
どれほど大きいかと言われれば、あぐらをかけば1里(4キロメートル)の毛もくじゃらの足が土にめりこみ、立ち上がれば頭は雲の上に突き抜け顔も良く分からなく、もちろん力はとても強かったとされます。
そんなだいだらぼっちは、ある日、夕日を受け七色に輝く富士山をみて「おれの住む秋葉山より美しくて高いじゃないか。」と叫びました。根はやさしいが負けん気が強い大男は、一晩で富士山より大きい山を造るといいます。
「だいだらぼっちは、力持ち。大きなぼっちで、山一つ。うんとこしょ。どっこいしょ。」
そう言いながら、近江(滋賀県)まで土を運びに行きました。
しかし、いくら大男で力持ちと言えども、腹も減りのども渇きます。
引馬野の馬舟(現:浜松市中区富塚町)辺りにこんこんと湧き出る泉がありました。だいだらぼっちは、遠州灘に足を突っ込み右手で植わっていた杉をなぎ倒し、左手は海岸に付かがみ、水を飲みました。すると砂浜に左手がめり込み、手形のような湖ができました。それが後の浜名湖になったとか。
握り飯を口に入れると、小石が歯に当たりそれを吐き出すと、浜名湖に落ち小さな島になり、それが礫島(つぶてじま)になりました。
やがて、朝日が昇ると富士山は七色に輝き、秋葉山は富士山の影になってしましました。
それを見て怒っただいだらぼっちは、土の入ったぼっちをなげました。その土が落ちて、舘山寺の大草山に、地団太を踏んだ場所が三方原台地になったそうな。
写真提供:静岡県観光協会

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
開催場所静岡県浜松市
開催時期
交通アクセス
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.