時期から探す | 8月 | 旧マッケンジー邸

旧マッケンジー邸

海辺に建つ洋風邸宅

マッケンジー氏は、アメリカの貿易商社の静岡支店長として1918年(大正7年)年に来日しました。日本茶輸出のさきがけとして、静岡県の茶の輸出に力を尽くし、日本の美術工芸にも関心が高く、その収集を楽しんでいたそうです。
1940年(昭和15年)、永住のための邸宅を富士山が見える海辺の当地に建てましたが、太平洋戦争に突入すると強制的に帰国することになり、戦後再びこの屋敷に戻り昭和26年に静岡の地で亡くなりました。
その後、マッケンジー氏の夫人エミリー・マッケンジー氏は、静岡で恵まれない子供たちを支援し、クリスマスには子供たちを招待したといわれ、昭和34年には「静岡市名誉市民第1号」に選ばれ、後に社会福祉法人エミリーを設立しましたが高齢になり、帰国する際に福祉に役立ててほしいとこの家を静岡市へ寄贈しました。
旧マッケンジー邸の建築はアメリカ人宣教師ヴォーリズが行い、アメリカ式の建築を数多く手掛けました。住生活を中心に考え、そこにアメリカ製の設備を導入し、日本の風土に順応した洋風建築を目指しました。
白壁に赤瓦がはえるスペイン風の邸宅で、南国風の外観とは対照的に室内は落ち着きのあるゆったりとした空間が広がっており、リズミカルな外観を作り上げる様々なタイプの窓は、光のしかけとなって室内に表れます。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県駿河区高松2852
開館時間8時30分から5時
休館日月曜・年始年末
入館料
交通アクセスJR静岡駅より石田街道線浜敷地下車
駐車場
問い合わせ054-221-1066(静岡市文化財課)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.