時期から探す | 11月 | 『森の石松』の墓

『森の石松』の墓

三代目の墓石

『森の石松』は、清水次郎長の子分として幕末期に活躍したといわれ、男気溢れる破天荒な人生を過ごしたとされている人物です。
その石松のものとされる墓は、応永8年(1411年)に開創したと伝えられる曹洞宗の古刹『大洞院(だいとういん)』の入り口にあります。
昭和18年(1943年)に現在地に移転されたといわれる墓は、誰が言い出したかわかりませんが、昭和30年(1955年)頃からこの墓の石を持っていると『商売繁盛』・『勝負運強い』などと風評が流れ、墓を削られるようになってしまったのだそうです。
あわれな姿になった墓石に代わり昭和52年(1977年)に二代目が建立されましたが、盗難にあい、現在の墓石は昭和54年(1979年)に建立された三代目となっています。
なお、墓の隣りには清水次郎長翁顕彰碑があります。

-image-

詳細

地域 森町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県周智郡森町橘249
営業時間
定休日
入館日
交通アクセス(車)袋井ICから森町方面へ約35分/(公共交通機関)JR掛川駅から天竜浜名湖鉄道に乗り換え、乗車約25分。『遠州森』駅下車後、タクシーにて約10分
駐車場
問い合わせ先大洞院 0538-85-2009

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.