時期から探す | 11月 | 双柿舎

双柿舎

明治の文豪・坪内逍遥の旧住居

シェイクスピアの翻訳家としても有名な明治の文豪・坪内逍遥(つぼうちしょうよう)が大正9年(1920年)から昭和10年(1935年)に亡くなるまでの15年間を過ごした住居で、庭にある2本の柿の古木から『双柿舎(そうししゃ)』の名がつけられました。
門の扁額は、書家・会津八一(あいづやいち)の筆によるものです。
坪内逍遥は、約9年間、荒宿(現在の中央町)に住み、シェークスピア劇の翻訳や、戯曲『名残りの星月夜』『義時の最後』などを著しました。
その間、大正4年(1915年)には3000冊ほどの蔵書を町に寄贈しており、町ではこれらを基に図書館を創設、これが現在の『熱海市立図書館』の母体となりました。
また、毎年2月28日の逍遥の命日には、『起雲閣(きうんかく)』で、逍遙を偲ぶ記念祭が行われます。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 熱海市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地熱海市水口町11-17
開館時間10:00~16:00
休館日日曜日以外は休館(年末年始休館あり)
入館料無料
交通アクセスJR熱海駅から梅園・相の原団地方面行きバス約10分~来宮駅前下車
問い合わせ先双柿舎 TEL0557-32-2232

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.