時期から探す | 11月 | 長楽寺護摩堂(木造馬頭観音座像)

長楽寺護摩堂(木造馬頭観音座像)

往時の姿を今に伝える

長楽寺(ちょうらくじ)は、約1200年前の大同年間(806から809年)に弘法(こうぼう)大師により開かれたといわれ、寺の北に太陽の光を受けて光る巨岩を霊地と見、お堂を建てたことに始まると伝わっています。境内には、県の指定名勝となっている『満天星(どうだん)の庭』があることで知られています。
長楽寺の御本尊である木造馬頭観音座像(もくぞうばとうかんのんざぞう)は、山上にあった本堂が朽ちて解体されたため、護摩堂(ごまどう)に移り祀られています。作者は不明ですが、鎌倉時代の作と考えられており、浜松市指定文化財となっています。
像高は86.7センチメートル、等身大の檜材寄木造り(ひのきざいよせぎづくり)で、全身に貼られた金箔など制作当時の面影が多分に残っています。

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区気賀7953-1
開館時間9時から16時
定休日
拝観料300円
交通アクセスJR浜松駅からバス『三ヶ日』行きに乗車約60分、『長楽寺入口下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先長楽寺 053-522-0478

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.