時期から探す | 8月 | 宝持院開祖の墓

宝持院開祖の墓

小田原城主の息女の墓

小田原城主の大森氏頼(おおもりうじより)の息女(章子)の墓で、長禄2年(1458年)に建てられたと伝えられています。
『宝持院(ほうじいん)』は、もとは真言宗で『磐若梵筐寺(ばんじゃくきょうじ)』と称し、二岡神社(におかじんじゃ)の神宮寺として建立されました。
長禄2年(1458年)小田原城主の大森氏頼が、若くして逝去された息女の菩提を弔うために現在の地に移し、名を『宝持院』とし、曹洞宗に改宗したといわれています。
墓は山門裏の左手石段横にあり、そのすぐ近くに『芭蕉の句碑』もあります。
このお寺には土塁が残り、とくに本堂の裏側から南側にかけてある土塁が約190メートルも続き、その東側にあたるお寺の入口付近は櫓台(やぐらだい)状の高まりがあって、郭跡(かくあと)に社があります。なかなか見応えがあって楽しめます。

-image-

詳細

地域 御殿場市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県御殿場市東田中466
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセスJR御殿場駅から徒歩15分
問い合わせ先宝持院 TEL055-082-0456

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.