伝説としての夜泣き石

子供の為に泣いた石

小夜の夜泣石には、伝説があります。
お石という身重の女性が、小夜の中山の丸石側で陣痛に見舞われ苦しんでいる所、山賊が現れお石を殺害し金を奪い逃げました。
お石の子供は切り傷から生まれ、お石の霊は近くにあった丸石に乗り移りました。夜毎泣くお石の声を山頂のお坊さんが聞きつけ訪ねてみると、丸石のそばに赤子がおりました。お坊さんはその子を寺に連れ帰り水あめを与え育てました。
成長し音八と名付けられた子供は、ある夜夢で観音様に研ぎ師となるようお告げを受け、西の刀研ぎ師へ身を寄せ一人前の研ぎ師となりました。
ある日一人の侍に刀を研いでほしいと言われ刀をみると、刃こぼれがあり尋ねてみると侍は、若き頃遠州の山の中で身重の女性を切った時、石に当たり刃こぼれしたと語りました。
長い年月胸にあった思いを語り合い、亡き母の御霊を休めたとされます。
なお、この伝説には、音八が仇討ちをしたという話もあります。

-image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市佐夜鹿
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス
駐車場掛川I.Cより車で25分
問い合わせ先
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.