朝顔の松

悲しき松の伝説

この松には次のような物語が伝わっています。
宮仕え中の京都で『深雪』は『宮城阿曽次郎』と恋仲になります。
しかし、国元に帰った深雪には『駒沢次郎左衛門』という、親に決められた婚約者がいると聞かされます。その人こそ、駒沢家を継いだ阿曽次郎だとは知らず深雪は家出をし、名前を『朝顔』と変え三味線弾きとなり阿曽次郎を訪ね歩くうちに、目が見えなくなってしまいます。
縁あって島田の宿で歌を流し歩いていると、ある座敷から声がかかります。その声の主こそ阿曽次郎だったのですが、彼は急ぎの旅、朝顔は目が見えなかったため名乗りあえず、後にこの事を知った朝顔は、急いで追いかけますが大井川は川止めでした。半狂乱となった朝顔は激流へ飛び込もうとしましたが、宿屋の主人に助けられ献身的な介護により目が見えるようになり、初めて目に映ったのがこの松でした。
朝顔の松は昭和10年代に枯れてしまい、今ある松は植え直されたものです。この『朝顔日記』は江戸後期に作られたもので、浄瑠璃として上演され好評を博しました。
今でも、この『生写朝顔話』は上演され続けています。

-image-

  • -image-

詳細

地域 島田市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県島田市河原1丁目
交通アクセスJR島田駅より『金谷島田病院線』金谷行き、東海パルプ前下車徒歩約10分
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.