富士浅間宮

流れる造りの屋根が美しい

富士浅間宮(ふじせんげんぐう)は、大同年間(806から810年)、坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)が戦勝祈願の成就として社殿をつくり、太刀(たち)を献じたのが始まりとされています。
武田氏の兵火で一度全焼したものの、天正18年(1590年)に地頭の本間重泰により再建されたと伝えられています。
本殿は、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根、前面が長く延びた流造(ながれづくり)と呼ばれるもので、国指定の重要文化財となっています。
なお、神社から南約800メートルのところには、参道入口を示す赤鳥居があります。

-image-

詳細

地域 袋井市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県袋井市国本964
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR愛野駅から徒歩約35分
駐車場
問い合わせ先富士浅間宮 0538-42-3774

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.