萬屋

江戸時代末期の旅籠

萬屋(よろずや)は、『東海道五十三次』の江戸側から数えて25番目の宿場『日坂宿』の旅籠(はたご)です。
嘉永5年(1852年)の日坂宿大火で焼失したのち再建。再建時期についての明確な資料はありませんが、江戸時代末期の安政年間(1854から1859年)と考えられています。
間口は四間半(約8.2メートル)と中規模。一階が『みせ』、勘定や帳面付けをする『帳場(ちょうば)』で、二階が宿泊室となっていたようです。
構えとしてはごく普通の旅籠ですが、宿内の筋向いにある『川坂屋』が武士なども宿泊できた格の高い旅籠であったため、両方を訪れるとその違いを比較できます。
また、街道沿いの家々には、天保11年(1840年)当時の屋号が書かれた木札が掲げられており、町並みと相まって江戸の風情が感じられます。

-image-

  • -image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市日坂
開館時間10時から16時
休館日平日、年末年始、9月中旬の祭典日(開館は、原則として土・日曜日および祝日)
入館料
交通アクセスJR掛川駅からバス『東山線』に乗車約20分。『八幡宮前』または『日坂』下車、徒歩約10分
駐車場-(川坂屋開館時は駐車場利用可)
問い合わせ先掛川市役所 商業労政観光課 0537-21-1149

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.