いわた茶

広大な台地に育まれたお茶

磐田原台地で採れるお茶。渋みが少なく、香りと甘みが強いのが特徴。
菊川や掛川に比べると、個人経営の荒茶工場による荒茶生産が大部分を占めているのも特徴です。
磐田原の茶畑は、明治初年に旧幕臣の手によって台地が開墾されたことにより始まりました。当時は輸出産品として脚光を浴びており、現在、磐田市における茶の栽培面積は342ヘクタールと、県全体の約4%を占めています。また、生葉収穫量は8,040トンであり県全体の約4%を、荒茶生産量は1,700トンで県全体の約3.9%を占めています。
収穫された茶葉は、主にせん茶に加工されます。

-image-

  • -image-

詳細

地域 磐田市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所磐田市内最寄りの農協にて
所在地
営業時間
休業日
交通アクセス
問い合わせ先遠州中央農業協同組合 営農経済センター 0538-36-7204

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.