臨済寺

家康が学び、生活した場所

静岡市葵区大岩にある臨済宗・妙心派の寺で、普段は修行寺として使われているため一般公開はされていませんが、年に数回特別公開が行われています。
武田信玄の駿府侵略により、駿府城下に火がかけられ跡形もなく焼けてしまいましたが、天正10年(1582年)武田氏滅亡後、徳川家康が駿河を領有した際に天皇の命により再建、復興し現在の姿となりました。
また、臨済寺は今川人質時代の家康(竹千代)が教育を受けた場所とも知られており、駿府が徳川幕府の直轄地となり、江戸期を通して手厚い庇護を受けたとされています。
山門には仁王像があり、この仁王像は『神仏分離』により浅間神社から移動され安置されています。また、山号の『大龍山』は、徳川慶喜が筆を振るって書いたものとのことです。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県静岡市葵区大岩町7-1
開館時間
休館日
入館料
交通アクセス静岡駅より安東循環線「臨済寺前」下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先054-245-2740(臨済寺)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.