大瀬崎の神池

伊豆七不思議の一つ

伊豆七不思議の一つ。国の天然記念物である『ビャクシンの樹林』に囲まれてはいるものの、海から最も近いところでは距離が20メートルほど、標高も1メートルほどしかありません。海が荒れた日には海水が吹き込むにもかかわらず淡水池であり、コイやフナ、ナマズなどの淡水魚が多数生息しています。
駿河湾を挟んで北方およそ50キロメートルの富士山から伏流水が湧き出ている、という説もある一方、海水面の上下に従って水面の高さが変わるともいわれており、なぜ淡水池であるかは明らかにされていません。
古くから、池を調べたり魚や動植物を獲ったりする者には祟り(たたり)があるとされています。また実際に池の水が層状に分かれていた場合などに機材や人などが池に入ると取り返しのつかない環境破壊となる恐れが強いこと、透明度が低く池の底の観察が難しいと考えられること、などから今もって詳しい調査はなされていません。
この池にはどこか神秘的な雰囲気が漂います。
 

-image-

  • -image-

詳細

地域 沼津市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県沼津市西浦江梨
交通アクセスJR沼津駅南口から沼津登山東海バス大瀬行きで大瀬崎下車
駐車場
お問い合わせ先沼津観光協会 TEL055-964-1300

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.