初木神社例大祭

初島島民総出の大祭

初木神社では、毎年7月17日18日の2日間、例大祭が開かれ、島の若衆による鹿島踊りが奉納されます。
17日の宵の宮は、夜8時からかがり火の幻想的な雰囲気の中、初木神社境内にて祝詞が詠み上げられ、鹿島踊りが奉納されます。
18日の本祭では、午前11時ごろ鹿島踊りを先頭に山車と神輿が境内を出発し(おくだり)、 午後一時ごろまた鹿島踊りを先頭に戻り始めます(おのぼり)
驚くことに、初木神社例大祭は初島島民総出で行われるので、開催中は店がすべて閉まるということです。民宿もすべてお休み。
鹿島踊りは鹿島神宮(茨城県)から始まり、事触れ(神の御宣託を触れ回ること)が起源とされています。現在は鹿島神宮のほか、相模湾西岸や小田原西部から伊豆地方に伝わっていますが、初島に伝わる鹿島踊りがもっとも古い姿を伝えているといわれています。

-image-

  • -image-

詳細

地域 熱海市
時期 7月
開催場所静岡県熱海市初島
開催時期7月中旬
交通アクセスJR熱海駅からバス乗り場8番線より熱海港・後楽園行き15分~熱海港下車、高速船で25分
駐車場
お問い合わせ先熱海市観光協会 TEL055-785-2222

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.