カテゴリーから探す | 名所・旧跡:その他 | ゲラティック号の碇と遭難誌

ゲラティック号の碇と遭難誌

遭難の事実を後世に伝える碇と碑

望嶽の碑の東隣に、昭和54年、富士市の海岸に打ち上げられたデラティック号の碇があります。
昭和54年(1979)10月19日、ゲラティック号は、清水港より救援米を運ぶ途中、台風20号に遭遇し、強風と高浪により船体は立円寺南方の柏原海岸に直立のまま打ち上げられました。救助を求める二人の船員の遵い生命も奪われました。
当時、新聞・テレビのマスコミにも登場し、日曜、祝日には、5万人の見物人がこの地を訪れ、売店十数軒が出店するなど、近郊はもちろんのこと、東京・愛知・山梨より見物人が押しかけました。
船体は六ヶ月間を要して解体処理され、ここに遭難者の慰霊を祀り、碑を建てました。
遭難の事実を後世に伝える貴重なものといえます。

-image-

詳細

地域 富士市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士市西柏原新田
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセスJR東海道線東田子の浦駅から徒歩5分
問い合わせ先富士市観光協会 TEL054-564-3776

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.