鶴芝の碑

『盧洲』の描いた絵に『亀田鵬斉』が詩文を添え

鶴の絵と詩文の刻まれた碑が、民家の庭先に建てられています。
画家『盧洲(ろしゅう)』の描いた絵に、江戸時代の学者『亀田鵬斉(かめだ ほうさい)』が詩文を添え、文政3年(1820)、鶴の茶屋に碑が建てられました。
このあたりは、旅人の休憩所(立場)で『中の茶屋』『鶴の茶屋』などと呼ぶ茶屋が並んでいました。ここから見る富士は美しく、山腹に鶴が舞い、亀が遊ぶように見えるところから『鶴芝』『亀芝』と呼ばれていたといいます。

-image-

詳細

地域 富士市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士市本市場429-1
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセス(車)富士ICから車で約10分
問い合わせ先富士市観光協会 TEL054-564-3776

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.