カテゴリーから探す | 名所・旧跡:石碑 | 西行法師の歌碑(小夜の中山公園)

西行法師の歌碑(小夜の中山公園)

西行(さいぎょう)法師は、平安時代末期の歌人。新古今和歌集に最も多くの歌が選ばれており、なかでも優れた歌のひとつといわれる一首が碑に刻まれています。「年たけてまた越ゆべしとおもひきや命なりけりさやの中山」。この歌は、西行69歳の作。文治3年(1186年)の奥州への旅の途中、生涯二度目となる中山峠越えを歌ったものです。
人生の感慨がしみじみと歌われており、また、かつて東海道の三大難所と呼ばれた小夜(さよ)の中山峠越えがいかに大変な道のりであったことがわかります。
小夜の中山は早くから東海道の歌の名所として知られており、以後も数々の歌が詠まれています。周囲には、ほかにも松尾芭蕉の句碑をはじめ様々な人たちの碑があります。合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

-image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市佐夜鹿
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス(車)掛川ICから約25分
駐車場
問い合わせ先掛川市役所 商業労政観光課 観光振興係 0537-21-1149

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.