旅籠川坂屋

日本人の粋を見る

川坂屋のある日坂宿は、『東海道五十三次』の江戸側から数えて25番目。その宿の中で一番西にあった旅籠屋(はたごや)の川坂屋は、精巧な木組みと細かな格子が特徴的で、日坂宿では江戸時代の面影を遺す数少ない建物の一つです。
当時建築にあたっては、江戸より棟梁(とうりょう)を招いたといわれています。建物内部にも美しい木組みや細工が随所に見られ、その芸術性にはため息が出ます。
一般庶民が宿泊利用するといわれる旅籠屋ですが、川坂屋は、当時禁じられていたヒノキ材が用いられていること、床の間付きの上段の間があるなど、『脇本陣』の肩書はないものの、身分の高い武士なども宿泊していた格の高い旅籠屋であったことをうかがわせます。
なお、建物の北側の地には、川坂屋が掛川城主の太田候から譲り受けた『元掛川偕楽園茶室』が復元されています。両建物とも掛川市指定有形文化財です。

-image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市日坂
開館時間10時から16時
休館日平日、年末年始、9月中旬の祭典日(開館は、原則として土・日曜日および祝日)
入館料
交通アクセスJR掛川駅からバス『東山線』に乗車約20分。『八幡宮前』または『日坂』下車、徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先掛川市役所 商業労政観光課 0537-21-1149

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.