桜ケ池お櫃納め

龍と化した名僧に献じるお櫃

動画

桜ケ池で行われる『お櫃納め(おひつおさめ)』は、10人前後のふんどし姿の若者が赤飯の入ったお櫃を立ち泳ぎで運び、池の中央で沈めるという奇祭。静岡県の無形民俗文化財です。
平安末期(1169年)、比叡山の名僧『皇円阿闍梨(こうえんあじゃり)』が人々救済の教えを受けるため、龍となって桜ケ池の底に沈みました。それを供養するため、弟子の法然上人(ほうねんしょうにん)が赤飯をつめたお櫃を納めたことに由来し、以来800年以上続いています。
納められるお櫃の数は80個前後(2011年は68個)。遊泳団の若者が、代わる代わる対岸を往復して沈めていきます。その間2時間以上ずっと池の中を泳ぎ続けるため、神事を終えて池から上がると肩で息をする姿があるほど。出迎える周囲からは、ねぎらいの声と拍手が起こります。
なお、池に納めたお櫃は、数日後には空になって再び浮いてくることから、遠州七不思議の筆頭にあげられています。
桜ケ池は、池の底が信州の諏訪湖とつながっているとも言われており、沈めたお櫃が諏訪湖で浮いたなどの不思議な伝説を持つ池でもあります。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 御前崎市
時期 9月
開催場所池宮神社 静岡県御前崎市佐倉5162
開催時期秋の彼岸の中日(9月23日ごろ)
交通アクセスJR菊川駅からバス菊川御前崎線『浜岡営業所』行きに乗車約40分、終点『浜岡営業所』下車。自主運行バスに乗り換え、『桜ヶ池』下車徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先池宮神社 0537-86-2309

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.