カテゴリーから探す | 伝統芸能・祭り・催し物:民俗芸能 | 西伊豆町中区海名野の人形三番叟

西伊豆町中区海名野の人形三番叟

江戸時代から続く最も古い遣い方

伊豆半島には人形三番叟を上演するところが七ヶ所あります。なかでも『突っ込み』と呼ばれる一人遣いの人形三番叟を演ずる海名野神明神社の人形三番叟はもっとも古い遣い方で、三人遣いとなる以前の型を伝える貴重なものです。
仁科川上流の中区海名野にある神明社で執り行われ、毎年11月2日夜、3日朝の2回、三番叟が奉納されるもので、江戸時代から続いているといわれています。
人形の演じ手は地区若衆で組織され三体の人形をそれぞれ二人で操り祭神や先祖、自然に対する感謝と五穀豊穣や家内安全、国土安穏、天下泰平悪疫払いを祈願しています。

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 西伊豆町
時期 11月
開催場所静岡県賀茂郡西伊豆町中区海名野
開催時期例年11月2日、3日
交通アクセス伊豆箱根鉄道修善寺駅より東海バス松崎行き約1時間40分~仁科車庫乗換え、約5分~海名野下車、徒歩5分
駐車場-
お問い合わせ先西伊豆町観光商工課 TEL0558-52-1114

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.