カテゴリーから探す | 名所・旧跡:その他 | 五百羅漢(清見寺内)

五百羅漢(清見寺内)

もう一つの自分の顔が見つかるかも知れない

天明年間(江戸時代)の彫像で、作者不詳とされていますが、その形相から神異非凡の作といわれています。
よく探せば、自分の顔があるとも言われています。
また羅漢尊者の群像は、島崎藤村の小説『桜の実の熟す時』の作中最後の場面として使われています。

-image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県静岡市清水区興津清見寺町418-1
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR興津駅より徒歩約15分
駐車場
問い合わせ054-369-0028
ホームページhttp://seikenji.com/index.html

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.