さくら葉

さくらの葉を塩漬けにしたもの

さくらの葉を塩漬けにしたもので、さくら餅などの和菓子によく使われています。和菓子の桜餅を包むのにもちいる桜の葉が、実は松崎町の隠れた特産品で、全国需要の7割を出荷しています。
桜葉の栽培に使われるには大島桜。苗を植えてから2年目でもう葉がとれるようになる。栽培農家は約200戸、栽培面積48ヘクタール、毎年5月から8月までが収穫期で、総生産量は50枚を1束にして500万束におよびます。
 それ以外にも、乾燥させすり潰したものをそばに練りこむなど、お菓子の原料にすることもあります。
 

-image-

  • -image-

詳細

地域 松崎町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所(株式会社 小泉商店)静岡県賀茂郡松崎町岩科北側62-2 、他
営業時間-
休業日-
交通アクセス-
お問い合わせ先(株式会社 小泉商店)TEL0558-42-1389 FAX0558-42-2406 

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.