ぐり茶

飲みやすく、口当たりがまろやか

ぐり茶は、煎茶や他の種類と異なり、曲がった形状をしているお茶です。
『ぐり』とは、『堆朱(ついしゅ:彫漆の一種で、油を混ぜた漆を幾重も塗り厚い層を作り、文様を彫刻したもの)』等の模様の唐草、または渦のような形の称を表しています。
正式には『蒸し製玉緑茶』と言いますが外観の丸い感じから『ぐり茶』と呼ばれています。
この『ぐり茶』という呼び方は伊豆地方独特のものです。
それが近年全国各地にこの名称が広まり一般的名称になりました。
また、九州では釜炒り製の玉緑茶と区別するため『蒸しぐり』とも呼んでいます。
生葉をじっくり時間をかけて茶葉の芯まで蒸す、『深蒸し製法』で作られており、飲みやすく、口当たりがまろやかであることが特徴的です。
現在、ぐり茶は静岡県と九州各県で生産されていますが、静岡県では一時生産量が10トンと、静岡のお茶の生産量全体の0.02パーセントまで落ち込んでしまいました。
しかし、近年、伊豆の名物として販売され、観光で訪れた人たちにその美味しさが伝わり、平成15年には258トン生産量全体のの0.63パーセントまで生産が増えてきました。

-image-

詳細

地域 伊東市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所(ぐり茶の杉山 本店)静岡県伊東市馬場町1-12-1 その他
営業時間(ぐり茶の杉山 本店)9:00~17:00
休業日(ぐり茶の杉山 本店)無
交通アクセス(公共交通機関)(ぐり茶の杉山 本店)伊東線伊東駅から徒歩20分
お問い合わせ先伊東観光協会 TEL055-737-6105
URLhttp://www.guricha.co.jp/index.html

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.