大倉戸のチャンチャコチャン

疫病神を追い払え!愛らしいお囃子が響く

毎年2月8日と12月8日に子どもたちによって行われる送り神の行事。全国的な飢饉があった、江戸時代の天明年間に発祥したといわれています。
椿の枝にデックラボーと呼ばれる神様(わら人形)を乗せ、子どもたちが囃(はや)しながら、鉦(かね)を打ち鳴らして曳いていきます。デックラボーはその間、オンビと呼ばれる笹竹で子どもたちに叩かれて、ぼろぼろになってしまします。そうして村のはずれまで送られるのです。それもそのはず、この神様は疫病神に見立てられているからです。
子どもたちが「おおくらどーのチャンチャコチャン」とお囃子を唱えながら歩く姿はなんとも可愛らしく、見ていると笑みがこぼれます。
新居地区では、大倉戸のほかに松山・内山地区でも昭和30年くらいまで続いていましたが、現在は大倉戸地区のみとなりました。国選択無形民俗文化財に指定されています。(撮影:倉田 誠)

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 湖西市
時期 2月 / 12月
開催場所恵比須神社 静岡県湖西市新居町浜名2642、大倉戸地区
開催時期2月8日、12月8日
交通アクセスJR新居町駅からタクシーで約10分
駐車場
問い合わせ先湖西市役所 社会教育課 053-576-1140

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.