千居遺跡

全国屈指の史跡

千居遺跡は富士山麓の末端部が丘陵状になった一つで、標高398メートル、北から南に延びる千居丘陵のほぼ中央部に位置します。
戦前から知られていましたが、昭和40年代に入って、地元高校の一部試掘により敷石が確認されました。
1970年(昭和45年)、1971年(昭和46年)の二次にわたって発掘調査が行われ、縄文時代(今から4000年くらい前)に、20余棟の竪穴住居に囲まれた広場を作って生活した集落跡と、それが富士山の火山灰でうすく埋もれた後に、それよりやや西側にずれて作られた配石遺構が重なり合って発見されました。
配石遺構の規模の雄大さと整然とした形態が、全国屈指のものであることから、昭和50年6月に国の史跡に指定されました。
 

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 富士宮市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士宮市上条2057番
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセスJR身延線富士宮駅から富士急静岡バスで~大石寺前バス停下車、徒歩すぐ
問い合わせ先富士宮市観光協会 TEL054-427-5240

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.