正岡子規句碑

名だたる名士により建立された石碑

JR袋井駅前にある句碑には「冬枯れの中に家居や村一つ」と刻まれています。この句は、明治22年12月25日、正岡子規が松山へ帰郷する際に、車窓から見える袋井駅前を詠んだものとされています。
句の文字は、子規自筆の『寒山落木(かんざんらくぼく)』から転写され、題字は袋井市の偉人『川村驥山(かわむらきざん)』の書、肖像画のレリーフは人間国宝『香取正彦』によって手がけられました。句碑の建立にあたっては、子規の弟子『高浜虚子』の尽力があったともいわれています。
その石碑と向かい合うベンチには、居眠りをした猫の石像があります。この猫は、正岡子規の同級生で親交が深かった夏目漱石、彼の代表作『吾輩は猫である』の猫を指しているとのこと。
待ち合わせ場所に何気なく建っている石碑ですが、そこには数々のストーリーがあります。ふと立ち止まって、その人間模様に思いをはせてみてはどうでしょうか。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 袋井市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県袋井市高尾町
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR袋井駅から徒歩0分
駐車場
問い合わせ先

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.