西楽寺

代々の将軍と深い関わりのあった寺

神亀元年(724年)、聖武天皇の命を受けて行基によって開かれた、袋井市内最古の寺です。今川義元、豊臣秀吉、徳川家康をはじめとする代々の将軍から手厚く保護されており、格式の高さがうかがえます。寺へとつづく道の手前には『下馬』という石碑が建っています。そこから約200メートル先の本堂までの道の左右には、最盛期には十二坊もの小さなお寺があったといわれ、往時をしのばせます。
本尊は、玉眼(ぎょくがん)の阿弥陀三尊像。日本最古の玉眼の仏像とほぼ同時期に造られた仏像です。玉眼とは、水晶などを細工してはめこまれた目や技法をさし、実際の目に近い感じがとても印象的です。厨子の両脇の四天王像にも玉眼が使われています。拝観には事前連絡が必要となりますが、住職による丁寧な説明を聞くことができ、見どころの多い寺です。本堂(本堂内厨子)、木造阿弥陀如来坐像、木造薬師如来坐像は、県指定有形文化財となっています。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 袋井市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県袋井市春岡384
開館時間
休館日
拝観料
交通アクセスJR袋井駅からバス『可睡、森町、山梨』方面行きに乗車約20分。『月見町』下車、徒歩10分
駐車場
問い合わせ先西楽寺 0538-48-6754

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.