茶詰めの儀

徳川家康公が愛飲した熟成本山茶

茶詰めの儀は、安倍・藁科川流域の山間地で栽培された本山茶を茶壺に詰める儀式です。茶壺は儀式の後、静岡市葵区井川の大日峠にあるお茶蔵で秋まで保管、熟成されます。井川大日峠のお茶蔵は標高1,200メートルの冷涼な環境にあり、この地で本山茶は、香り高く風味を深めていきます。
美食家として知られる徳川家康公はその味を愛し、御用茶として城へ献上させていたといわれています。
この故事にちなんだイベントが、春と秋に開催されます。
春に行われるのが『茶詰めの儀』です。厳かな雰囲気の中、茶師が丁寧にお茶を詰めていく姿に、思わず息を飲み見入ってしまいます。
そして秋、家康公を祀る久能山東照宮で行われる『お茶壺道中行列』、『口切りの儀』へとつながっていきます。
茶産地の静岡県で最も長い歴史のある本山茶。その歴史を肌で感じられるイベントです。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 静岡市
時期 5月
開催場所JA静岡市本店 静岡市駿河区曲金5-4-70
開催時期5月下旬
交通アクセスJR静岡駅よりバス『小鹿線』に乗車約10分、『済生会病院前』下車徒歩2分
駐車場
問い合わせ先駿府本山お茶まつり委員会 054-288-8468

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.