カテゴリーから探す | 動植物:木 | 狩宿の下馬ザクラ

狩宿の下馬ザクラ

国の特別天然記念物

 富士山南面裾野上部における白山桜の一変形に属する代表的巨木(日本最大級のヤマザクラ)で、若葉は赤色、花ははじめ淡紅色、後に白色となります。樹齢800年以上とされ、往時は樹高35m、幹回り8.5mの巨木であったといわれます。昭和27年3月に国の天然記念物に指定されました。
名称は、建久4年(1193年)に源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際、狩宿を設け馬から下りた場所といわれていることに由来します。下馬の際、桜に馬を繋いだといわれていることから「駒止めの桜」とも呼ばれています。
開花時期は毎年4月下旬で、多くの花見客でにぎわいます。地元では、周辺の田に菜の花を栽培し、花見時期前から景観づくりに努めており、これも今では風物詩となっています。

-image-

詳細

地域 富士宮市
時期 4月
所在地静岡県富士宮市狩宿91
交通アクセス東名富士ICまたは新東名新富士ICより約30分
駐車場大型車 台数 2 小型車 台数 20
お問い合わせ富士宮市教育委員会文化課 TEL 0544-22-1187
関連ページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.