浜松注染そめ

静岡県知事指定 郷土工芸品

大正時代から浜松で注染による「ゆかた染め」が始まりました。
以来、その時々の流行をいち早く取り入れ、白地に紺というシンプルなものから艶やかで華やかな色調まで、多彩なデザインを世に送り出しています。

注染の歴史を語るときは、浜松ゆかたの歴史を辿る必要があります。
「浴衣」の起こりは、平安時代、貴族たちが湯殿で着た湯帷子(ゆかたびら)が原型と言われています。それがやがて、湯上がりに涼を楽しむ庶民の着物になり、藍で色づけして町着、散歩着として愛用されてきました。
ゆかた産地浜松のルーツは、古く明治20年代の手拭い染めに求めることができますが、その技術を活かした形で、大正の初めごろから浜松で「浴衣染め」が始まりました。これがいわゆる注染の始まりです。
当時、ゆかたの生産は、江戸期以来の伝統を有する東京と大阪が中心でしたが、大正12年の関東大震災を機に、首都圏から新天地を求めた職人たちが水が豊富に流れ、強い風が吹き、染め物の生産に適した静岡県西部に流入しはじめ、注染技法による「浴衣染め」が普及していきました。
その後、浜松注染ゆかたは、その時折々の流行をいち早く取り入れ、白地に紺、あるいは紺地に白といった古来のシンプルなものから多色染め・抜染染めなどの幾多のデザインの変更が伴いましたが、注染そのものの技法は、現代にまで忠実に受け継がれ今日に至っています。
静岡県郷土工芸品振興会HPより

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所
営業時間
休業日
交通アクセス
お問い合わせ浜松織物染色加工協同組合 TEL:053-461-7050
関連ページhttp://www.shizuoka-kougei.jp/021.html

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.