駿河和染

静岡県知事指定 郷土工芸品

江戸時代から受け継がれた技法と人間国宝故芹沢鉎介氏のデザインが融合した「駿河和染」は、藍色と白のコントラストがはっきりしていることが特徴です。
呉服からインテリアまで幅広い作品は、美しい染色の世界によって使う人の心に安らぎを届けます。

静岡市には「麻機」「賤機」「服織」など布に関した地名が多く残っています。今川時代には木綿が盛んに作られ、八幡織木綿、中島紬などの織物の名もみられ、織物とならんで染色業も発達し、紺屋町ができ、型染や手描きの紋染が行われ、近郊農村では染料の藍の栽培が盛んに行われました。
江戸時代には、武家のために幟(のぼり)、旗差物(はたさしもの)、町家のためにのれん、伴天、作業衣など、また、祝儀物として筒描きによる定紋入り風呂敷などが染められ、旧安倍川の川筋に沿って多くの紺屋が繁盛したといわれています。
しかし、明治になり、交通の発達から他産地からの進出、機械染色の出現など近代化の波のなかで、紺屋の仕事も減少しました。
再興の機を与えたのは大正後期に起こった民芸運動で、直接には芹沢銈介氏(当時県工業試験場技師、人間国宝)が静岡やその他の地域に残る染色技術と芸術性の発掘に努力し、その成果が実って、新たな静岡における和染興隆の端著となりました。
静岡県郷土工芸品振興会HPより

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所駿府楽市
営業時間9:00~21:00
休業日なし
交通アクセスJR静岡駅 アスティ静岡西館内
お問い合わせ静岡市染洗業協同組合 TEL:054-629-9555
関連ページhttp://www.shizuoka-kougei.jp/012.html

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.