藤枝桐箪笥

静岡県知事指定 郷土工芸品

耐湿性に優れ、虫がつきにくく、熱を通しにくい桐箪笥は、古来より貴重品や衣類の収納に重宝されてきました。
和室はもちろん、洋間に置けば、桐の美しい自然の木目や、優しい「和」のテイストが住む人の心に安らぎを与えてくれます。

藤枝での桐箪笥製造は、寛永11年(1634)三代将軍家光公の浅間神社の造営に全国から集められた木工、漆工、彫刻等の技術者が、造営後もこの地の温暖な気候風土に魅せられて住みつき、素材として入手しやすい桐を用いて、その特性を利用した長持、衣料箱、箪笥などをつくりだしたことに発します。
この地に移封された田中藩本多氏は、天保2年(1831)、藩財政の改革のために領民に対して"五穀不育控地"(何も植えていないところ)に有益な商品作物の植栽を奨励し、その結果、成長の早い桐の植え付けが盛んとなり、素材生産と加工技術が結びつき、天保13年(1842)の宿場図では、15名の指物師がみられる程に発展しました。
明治から大正にかけての鉄道の発達は、藤枝の木工業者にも、生産の拡大を促す要因となり、自給自足的につくられていた桐箪笥は、その品質、技術をもとに県内外に販路を広げました。
静岡県郷土工芸品振興会HPより

-image-

詳細

地域 藤枝市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所駿府楽市
営業時間9:00~21:00
休業日なし
交通アクセスJR静岡駅 アスティ静岡西館内
お問い合わせ藤枝タンス商工業組合 TEL:054-641-3800
関連ページhttp://www.shizuoka-kougei.jp/004.html

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.