尾上栄三郎の墓

江戸の歌舞伎役者「尾上栄三郎」

天竜区佐久間町浦川を流れる相川の右岸、尾平峠に江戸の歌舞伎役者尾上栄三郎(おのえ えいざぶろう)の墓がある。尾上栄三郎は、主に安政年間(1854~1859)に活躍した音羽屋一門の歌舞伎役者で、飯田で公演中に病で倒れた。近在の医師の治療を受けたが良くならず、浦川に蘭学の名医三輪見龍がいることを聞き、天竜川を下って辿り着いた。見龍の治療と村人の看護のおかげで一時的に快方に向かったが、病は全身を蝕んでおり、死を悟った栄三郎は、世話になった村人への恩返しに「仮名手本忠臣蔵 五段目 山崎街道の場」を演じ、その舞台の上でこと切れたという。安政5年(1858)4月、享年29歳であった。生前栄三郎が望んでいたとおり尾平峠に葬られ、現在も秋の彼岸には供養祭が行われている。
栄三郎の没後、村人は歌舞伎の魅力にとりつかれ、役者を呼んで歌舞伎を上演していたが、そのうち、自分たちで演じるようになり、地域住民による浦川歌舞伎が始まった。社会情勢の変化により昭和40年(1965)途絶えたが、平成元年(1989)浦川歌舞伎保存会が結成され、再び浦川の地に歌舞伎の灯がともり地域の伝統文化が甦った。現在、9月第四土曜日、旭座(旧浦川中学校体育館)にて定期公演が開催されている。
はままつ石塔めぐりより

-image-

  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 9月
所在地浜松市天竜区佐久間町浦川
開館時間
休館日
入館料
交通アクセス
駐車場
お問い合わせ
関連ページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.