腰切不動尊

腰から下の病や安産にご利益あり

腰切不動尊(こしきりふどうそん)は、寛永10年(1633年)に御殿川の川底で見つかった石の仏像です。腰から上しか彫られていないため、腰切の名で呼ばれるようになりました。腰から下の病や安産に御利益があるとされ、長い間信仰されています。
本尊は祠の中に設置されている仏堂に安置されており、普段は見ることができません。祠の裏には井戸があり、その昔は地域の生活用水として人々の暮らしに役立っていました。
かつて、縁日はとても賑やかで、特に5月28日の大祭では子供相撲が盛大に行われていましたが、いつのまにか祠の扉が閉ざされ、井戸も使われなくなりました。
そこで、平成11年にNPO法人グラウンドワーク三島では地域の宝物の再生を目指し、地域の人たちや日本大学国際協力部との協働により、40年ぶりにお祭りを再開。子供相撲が賑やかに行われました。毎年5月28日には大祭、1月28日と9月28日には例祭が開催されています。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 三島市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県三島市南本町19
開館時間
休館日
入館料
交通アクセス三島駅より『伊豆箱根鉄道駿豆線』乗車。三島田町駅下車、徒歩4分
駐車場
問い合わせ先特定非営利活動法人グランドワーク三島 055-983-0136

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.