カテゴリーから探す | :その他 | 八百比丘尼の石像

八百比丘尼の石像

この石像は、稲取東区で道祖神としてまつられていますが、民俗学者の折口信夫は、八百比丘尼の石像であるとしています。
八百比丘尼とは、誤って人魚の肉を食べて不老不死となり、嘆き悲しんで尼僧となった娘のことです。尼僧となった娘は、手に椿の枝を持ち、各地を巡って供養をしたという話が伝えられています。
今では風化により手の形などははっきりしませんが、昭和初期までには手に椿のような枝を持っていたため、折口は八百比丘尼であるとしています。また、「伊豆型道祖神」の特徴である丸彫りの単体座像であり、町の指定文化財になっています。

-image-

詳細

地域 東伊豆町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県賀茂郡東伊豆町稲取
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス伊豆急行伊豆稲取駅から車で5分
駐車場
問い合わせ先東伊豆町教育委員会 TEL0557-95-6206

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.