清瀧寺

非業の死を遂げた信康を弔う寺

清瀧寺(せいりゅうじ)は、織田信長に武田勝頼と通じているとの嫌疑をかけられ、わずか21歳で二俣城内で切腹した家康の嫡子、岡崎三郎信康を弔うために家康が建立した寺です。寺の奥には信康廟があります。
京都の知恩院の末寺であり、本尊は阿弥陀如来とされています。
毎年10月初旬には、非業の死を遂げた信康の霊を慰めるべく、『信康まつり』が盛大に行われています。

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1405
開館時間9時から17時
休館日無休
入館料境内自由
交通アクセスJR浜松駅から遠州鉄道に乗り換え、乗車約32分。終点『西鹿島』から天竜浜名湖鉄道に乗り換え、『二俣本町』駅下車、徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先清龍寺 053-925-3748

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.