カテゴリーから探す | :石碑 | 水天宮石碑(水天宮由緒)

水天宮石碑(水天宮由緒)

 この水天宮は、水難除けの神様として有名な九州の久留米にある水天宮を分けてもらったもので、安産や船に乗る人たちの守り神として信仰されています。
この場所にまつられたのには、こんな由来があります。
安政3年(1856)の春、江戸の材木商人が御用材(幕府が使う材木)を集めるためにこの地へ来ました。大井川を下り、木屋川を利用して木材を流し、石津の貯木場に集めて、港から江戸へ送っていました。
ところが、その年の8月25日、大嵐がやってきてこの貯木場は壊され、山のように積んであった材木は全部海へ流されてしまいました。
商人や村の人達は慌てました。そして、九州の久留米にまつられている水天宮にお祈りをしました。すると不思議なことに、風向きが一夜のうちに変わって、流された材木が全部近くの岸に打ち上げられました。
この神様のお助けに喜び、商人や村の人達は相談して、新しくつくる貯木場のところへ水天宮をまつることにしました。そして、文久2年(1862)、久留米藩主の有馬氏の江戸屋敷から水天宮の神様を分けてもらい、ここにまつりました。
それ以降は、水難除けや安産の神として信仰を集めています。なかでも漁師たちの信仰があつく、漁が少ない時はお札を竹の筒に入れて海へ沈めたり、海に物を落とした時はお札の流れた方向を探すと見つかるといわれるなど、豊漁や海の安全を守っています。
お祭りは、毎年4月5日に行われます。

-image-

詳細

地域 焼津市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県焼津市石津港町28
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR焼津駅南口 一色和田浜線~水天宮前下車
問い合わせ先焼津市歴史民俗資料館 TEL 054-629-6847

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.