カテゴリーから探す | :石碑 | 林叟院草創の記

林叟院草創の記

 今から500年ほど前、この地に林雙院というお寺がありました。このお寺は法永長者と呼ばれた小川城主長谷川正宣が、賢仲という偉いお坊さんを招いて建てたものです。
あるとき、お寺に不思議な年老いたお坊さんが訪れ、賢仲に「ここは危ない。お寺を移すがよい。その場所を教えましょう。」と言って、賢仲を連れて坂本の山のふもとまで行くと、「この地に」と指さしました。賢仲が辺りを見渡したのちに振り返ると、不思議なお坊さんの姿はなく、お坊さんのいた場所には一つの大きな石がありました。
賢仲は寺に帰ると、さっそくこれを長谷川正宣に伝え、急いでお寺を移すことにして今の場所に新しく林叟院が建てられました(異叟=不思議な老僧が指した場所のため、寺名の「林雙院」を「林叟院」とした)。
不思議なお坊さんが指した場所にあったという石は、今でも林叟院に上る階段の大きな杉の根元にあり、「山神(さんじん)血脈(けちみゃく)石(いし)」と呼ばれて大切にされています。
林叟院が今の場所に移った次の年に明応の大地震が起こり、津波に合って元のお寺があった辺りは海に沈んでしまいました。大正時代までは、舟の上から海の中をのぞくと、林雙院の石垣や建物の跡が見えたそうです。

 

-image-

詳細

地域 焼津市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県焼津市小川3816-1地先 稲荷神社
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR焼津駅南口 一色和田浜線~小川港前下車 徒歩5分
問い合わせ先焼津市歴史民俗資料館 TEL 054-629-6847

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.