蛭ヶ谷の田遊び

鎌倉時代から伝わる田遊び

鎌倉時代に始まったと伝わる蛭ヶ谷(ひるがや)の田遊びは、毎年2月11日の夕暮れから深夜にかけて、蛭児(ひるこ)神社の境内で行われます。
木を積み重ねた篝火の前で、氏子の若者たちが豊作や子孫繁栄を祈願して、稲作の所作を模した「里田打ち」「田打ち」「稲刈り」などの演目を奉納します。楽器の伴奏はなく、台詞と舞だけで厳かに行われるのが特徴となっています。
国の重要無形民俗文化財となっています。
ふじのくにエンゼルパワースポット

-image-

  • -image-

詳細

地域 牧之原市
時期 2月
開催場所静岡県牧之原市蛭ヶ谷1番地
開催時期2月
交通アクセス相良牧之原ICより車で約15分
駐車場
問い合わせ0548-23-0001(牧之原市観光協会)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.