大河川の橋梁

橋梁技術を後世に伝える場所

開業当時の鉄橋はすでに見られなくなりましたが、大正初期に日本で設計・制作をおこなった橋梁が存在します。
富士川橋梁下り線は、当初の橋梁を残し、1916(大正5)年に上部を全て架け変えました。翌年、一番西側の橋脚を改築したため西から2連分の鉄橋は、他とは形状が少し異なっています。
されに鉄橋の中央部分のみ背が低く平たい形状になっていることが分かります。これは昭和52年の台風で流出した部分で、わずか75日で復旧させた当時の橋梁技術を伝えるものでもあります。
大井川橋梁下り線も大正3年に日本の設計・制作で架け替えが行われた最初の例で、やはり当初からレンガの橋脚を修復していようしています。
メイン写真は富士川橋梁 下り線です。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 富士市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士市松岡から岩淵
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス東名富士ICより車で約15分
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.