猿舞

古典的な舞

東光寺(とうこうじ)は、千手観音を本尊とする天台宗の古刹で、古くから猿舞(さるまい)と呼ばれる奉納舞が伝えられています。
猿舞は4月の第2土曜日に東光寺の伽藍神である日吉神社の祭典の際、二人の子どもが猿の面をつけて舞うものです。
舞は二人の舞人と九人の楽人とで行われます。音曲、舞とも優美でいわゆる田遊びのような土着的色彩はなく、古式典雅なものです。祭りの神事の後、東光寺本堂前の広場を特設の舞台とし、約15分にわたって奉納されます。
静岡県の無形民俗文化財となっています。

-image-

詳細

地域 島田市
時期 4月
開催場所静岡県島田市東光寺557
開催時期4月
交通アクセス藤枝バイパス野田IC、より約40分
問い合わせ0547-37-1000(島田市博物館)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.