震洋艇掩蓋壕

太平洋戦争の壕が残る

太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)本土決戦に備えて、特攻艇(とっこうてい)「震洋(しんよう)」が三保に配備されました。昭和19年には、清水海軍航空隊が設置され、飛行豫科(よか)練習生の基礎訓練が行われました。その14から16期生によって、浜辺の砂と小石が運ばれ鉄筋コンクリート造の震洋艇(しんようてい)を格納する掩蓋壕と特攻隊員の待機壕(たいきごう)が築かれました。実際には三保からの出撃は行われず終戦を迎えました。
現在三保には掩蓋壕9基、待機壕3基が確認されており、倉庫などに使われているものなどがあります。
なお、地図のマークから北側に点在しており、私有地内での見学は、地主の了解を得てください。

-image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県静岡市清水区三保
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR清水駅前より三保山の手線より、三保車庫前下車
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.