カテゴリーから探す | 名所・旧跡:その他 | 牧之原大茶園の歴史

牧之原大茶園の歴史

幅広く広がる茶畑

大井川の右岸に続く牧之原台地の本格的な開墾が行われたのは、明治時代に入ってからのことでした。最後の将軍徳川慶喜(よしのぶ)の警護に当たった数百面の幕臣(ばくしん)たちは、慶喜が無事に駿府に入ると職を失いました。
そこで中條影昭(ちゅうじょうかげあき)が開墾決意し、静岡藩の許可を得て「開墾方」という役職という役人として明治2年(1869年)開墾に着手しました。
1870(明治3)年には、他の旧幕臣や川越制度の廃止により川越人足が加わりました。その後、当時輸出品の主力だった茶の種がまかれ、少しずつ茶園が広がり、今の牧之原大茶園ができ上がりました。

-image-

詳細

地域 牧之原市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県牧之原市
営業時間
定休日
定休日
交通アクセス相良牧之原ICより山方面へ向かう
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.