富士川橋

日本三大急流に架かる橋

富士川は、最上川(もがみがわ)、球磨川(くまがわ)と並び、日本三大急流河川として有名です。
東海道が渡る富士川は、明治時代まで橋を架けることは許されず渡船(とせん)のみでした。江戸時代を通じて渡船役を担ったのは、富士川西岸に岩淵村と東岸の岩本村でした。
明治4年(1871年)の太政官布告によって、渡船は岩淵(いわぶち)村の大村惣一郎(おおむらそういちろう)個人が営業するものに変わりました。
明治6年(1873年)に安倍川橋に木造の橋が架けられると、富士川でも大村惣一郎が架橋に挑みますが、急流に流されてしまいました。そこで明治9年からは夏は渡船・冬は有料木橋の通行となりました。
大正11年(1922年)富士川への鉄橋架橋工事が始まり、大正13年(1924年)富士川橋が竣工しました。
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-

詳細

地域 富士市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士市松岡から岩淵
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス東名富士ICより約15分
駐車場
問い合わせ
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.