焼津の防潮施設

地域を守る防波堤

焼津の海岸は大粒の砂利浜で、江戸時代後期以前から高潮(たかしお)による被害を受けてきました。
波除け(なみよけ)の堤防はありましたが、暴風雨のたびにさらわれ、民家や船の被害は大きかったといわれます。特に明治31年(1898年)の暴風雨の被害は大きく、静岡市などへの移住の話が出るほどでした。
そこで立ち上がったのが、山口平右衛門を中心とする堤防委員会で、永久的な石堤防の建設を県に働きかけて、明治32年(1899年)石造りの大防潮堤の建設が始まりました。高さ7から8メートル、上部の幅3.5メートルの堤防が段階的に造られて、明治40年(1907年)には新屋から鰯ヶ島まで総延長1,048メートルの石造り防潮堤が完成しました。これによって焼津の町と人々がほぼ完全に守られることになり、平成12年(2000年)には、さらに海側に造られた新堤防に役割を譲り撤去されますが、明治石造り防潮堤の存在を後世に伝えるために、使用石材を用いた記念碑に姿を変えて残されています。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 焼津市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県焼津市鰯ヶ島
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR焼津駅前より自主運転線ゆりかもめ・さつき乗車、アクアスやいづ下車
駐車場
問い合わせ054-629-6847(焼津市歴史資料館)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.