藤三払防波堤

一人で作り上げた堤防

伊豆半島沖は古くから航海の難所として知られており、東伊豆の港は漁港として有名ですが避難港でもありました。江戸時代末期、北東向きの稲取港は天候によって大波が入りこむことが問題とされ、稲取港から南西の池尻に住む鈴木藤吉(藤(とう)さん)がこれを心配し、池尻に港を造り始めました。毎日一人でこつこつと石を積み、何度波にさらわれてもあきらめず、明治10年(1877年)ついに堤防を築き上げました。その後の暴風雨にも負けず、北東風(ならい)の強い時には絶好の避難港となり、これを基に堤防の拡張整備を行ない現在の姿になりました。石積みの基礎は頑丈で、藤さんが造ったことから、今も「とうさんばらい」と呼ばれています。
また、この場は立ち入り禁止となっていいます。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 東伊豆町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県東伊豆町稲取1621
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス伊東線伊豆稲取駅下車徒歩20分
駐車場
問い合わせ先
問い合わせ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.