カテゴリーから探す | 歴史的建造物:その他 | 仰徳記念館・仰徳学寮(大日本報徳社)

仰徳記念館・仰徳学寮(大日本報徳社)

現存する貴重な宮家の建築

掛川の大日本報徳社は、二宮尊徳(金次郎)が農村の救済を実践する中で提唱した『報徳の思想』を普及する活動拠点です。その敷地内には、明治17年(1884年)に東京の霞ヶ関に建てられた有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)邸の建物の一部である、仰徳(こうとく)記念館と仰徳学寮があります。両建物は、昭和13年(1938年)に宮内庁から下賜(かし:授けられること)され移築したもので、現存する宮家の建築として貴重な建物で、掛川市指定文化財となっています。
大講堂の左側にある仰徳記念館は木造平屋建の建物で、館内の洋間には、繊細な彫刻が施された大理石の暖炉(だんろ)を据えるなど格調高い空間となっています。仰徳学寮は大講堂の右側にあり、木造二階建ての建物です。
なお、平成25年(2013年)3月頃までは、修復のため内部見学はできません。
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市掛川1176
開館時間9時から16時(土曜日は10時から16時)
休館日祝日、年末年始
入館料内部見学200円(大講堂などと共通。高校生以上)/団体30名以上は150円/高校生未満は無料
交通アクセスJR掛川駅から徒歩約15分
駐車場
問い合わせ先社団法人 大日本報徳社 0537-22-3016
ホームページhttp://www4.tokai.or.jp/dainihonhoutoku/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.