大日本報徳社正門

尊徳の教えを刻んだ門柱

大日本報徳社は、幕末に二宮尊徳(金次郎)が農村の救済を実践する中で提唱した『報徳の思想』を普及させる拠点として、明治8年(1875年)に設立し、その後の明治44年(1911年)に、現名称の大日本報徳社に改称されました。
大日本報徳社の入口に建つ正門は、明治42年(1909年)に建てられたもので、県指定文化財となっています。花崗岩(かこうがん)製の2本の門柱には、右に『道徳門』、左に『経済門』と刻まれており、「道徳と経済が一元化しなければならない」という尊徳の教えを意味しています。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市掛川1176
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR掛川駅から徒歩約15分
駐車場
問い合わせ先社団法人 大日本報徳社 0537-22-3016
ホームページhttp://www4.tokai.or.jp/dainihonhoutoku/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.